トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

形式によって変わる進行方法の違い

結納をしない食事会の場合

結納を行なわない代わりに両家の食事会を行うという最近人気のスタイルです。

主に本人たちと両家の家族がレストランなどに集まり、二人の婚約を正式に認め合い祝います。

また、両家の家族が顔を合わせて、親睦を深める良い機会にもなりますので、結納をしない場合も食事会はするようにした方がいいと思います。

食事会の服装

清潔感のある感じの良いものを選ぶようにします。

男性はダークスーツ、あるいは平日に行なう場合はビジネススーツでも構いません。

女性はワンピースかスーツにしましょう。

お店の雰囲気に合わせ、あまりカジュアルになり過ぎないように注意すれば問題ないでしょう。

食事会の進行方法

(1)あいさつ
彼氏側の父親に進行役を頼んで、あいさつをしてもらうようにしますが、自分たちが主催する場合は、二人で進行役を努めても構いません。

例えば、「本日は私たちの婚約にあたり、ご一緒することが出来て大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします」など。

(2)自己紹介・家族紹介
二人が自己紹介した後に、お互いの家族を紹介しあいます。

彼氏側から彼女側の順番に行なうようにし、料理が出てくる前にきちんと済ませるようにしましょう。

また、家族書や親戚関係を書いたものを交換する場合もあります。

(3)婚約記念品の交換
婚約指輪などの記念品を贈ったり交換したりする場合は、記念品の交換を中心に進行させるようにします。

婚約の節目としての意識が深まって、セレモニーらしさがでてくるはずです。

また、その時に写真等を撮っておけば記念にもなりますので、是非お試しくさい。

なお、記念品の交換はあいさつの後に行い、食事の前に行なうようにしましょう。

(4)会食・歓談
予約の際に婚約の顔合わせということを伝えておき、個室のあるレストランや料亭、ホテルなどを使用するようにし、落ち着いて話が出来るようにしておきます。

コース料理なら食事のペース配分に気を使うこともなく歓談に集中できます。
また、特別なメニューを用意しているレストランもあると思いますので、確認してみましょう。

歓談では、お互いの家族を知る良い機会になりますので、二人の幼少期の話などをすると盛り上がります。

なお、両親に会話に参加してもらえるように話題には気を配るようにするといいでしょう。

(5)結婚式の打ち合わせ
挙式や披露宴に関する打ち合わせをしておきます。

ただし、食事の席なので込み入った話はしないようにし、二人がどんなふうに準備を進めて行きたいかなどを話していけばいいでしょう。

(6)あいさつ・退出
締めのあいさつを誰がするのかを事前に決めておくと良いでしょう。

二人であいさつをするなら、育ててもらったお礼と婚約の誓いを述べるといいでしょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:44