トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

結納の形と準備

結納品の種類と意味

結納品は、9品目、7品目、5品目と奇数でセットされていて、品数が多いほど正式といわれていますが、あまりこだわる必要はないようです。

並び準は、右から下記のとおりに並べます。

(1)目録
結納品の品名と数量を列記したもので、購入店で氏名や日付などはもう質で代書してもらえます。

(2)長熨斗(ながのし)
あわびののしで、長生不死の象徴です。

(3)金包(きんぽう)
関東では御帯料、関西では小袖料といい「結納金」のことを言います。
昔は反物や帯地を贈っていたために、この名称になったようです。
関西では松飾りがつきますが、松は色褪せないことから、気持ちが変わらないこと意味しています。
なお、彼女からの結納返しは、「御袴料」といいます。

(4)勝男節(かつおぶし)
関東では「勝男武士」ともいい、男性らしさの象徴としてかつおの背節と腹節を対にして贈ります。
関西では、結納時に持参していたかつお節や、酒の肴代わりの金子を意味するものなので、結納金の5%程度を包んだ金封を用意し、飾りは梅飾りになります。

(5)寿留女(するめ)
するめいかは、女性の幸福と長寿の象徴とされており、長期保存できることから「食べ物に困らないように」との意味があります。
また、噛めば噛むほど味が出るので「そんな花嫁になって欲しい」と「幾久しくご縁が続きますように」の意味も含まれています。

(6)子生婦(こんぶ)
海底での生命力にちなみ「子孫繁栄」を象徴しています。
また、「よろこぶ」に通じ祝事に欠かせない縁起物になります。

(7)共白髪(しろしらが) 又は 高砂人形
関東では麻を束ねたもので、麻糸が白いところから、夫婦そろって白髪になるまで長生きするようにとの願いがこめられています。
関西では年老いた夫婦をかたどった一対の人形になっています。

(8)末広(すえひろ)
白無地の1対の扇で、扇は福を招き、末広がりに繁栄することを願うものになっています。
同時に結納では「潔白無垢」の意味も含めて贈り、「末恵廣」「末栄廣」と書くことあります。
関西では亀飾りがついています。

(9)家内喜多留(やなぎたる)又は清酒料
関東では「柳樽」と書くこともあります。本来は柳の樽に入った日本酒のことを指し、家内に喜びが多いことを願う縁起物。
関西では清酒料といい松魚料と同様、結納金の5%程度の金封を用意。
竹飾りを用意するが、竹は潔白・節度を表している。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:41