トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

結納の形と準備

仲人を立てる場合は、打ち合わせを早めにしましょう

仲人を立てて結婚式をする場合は、結納も仲人と相談して決まることになります。

結婚が決まって仲人を依頼する時には、結納の形式や日取りなども、仲人のスケジュールを伺ってから決めるようにします。

特に結納の場合は、両家の意向もさることながら、仲人の意見も聞くことが大切になります。

何故かと言うと、仮に伝統的な方法の正式結納(往復型)を行なうというのであれば、仲人にかける負担はかなり大きくなりますので、前もって承諾を得ておく必要があります。

頼まれ仲人の場合は、あまり形式はこだわらず、略式結納(集合型)で行なう場合が多いようです。

また、両家で結納に対する考えた違いまとまれない場合は、仲人(もともと仲人は両家の仲を取り持つ役目なので)に仲裁に入ってもらうこともありますが、会社の上司などに頼む場合は、あまり迷惑をかけないように配慮するようにしましょう。

話がまとまり、形式や日取りが決まったら早めに二人で仲人宅を訪れて、内容の打ち合わせをするようにしましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:41