トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

婚約のいろいろ

婚約パーティ

欧米では一般的なもので、友人たちを招いて行なっています。

場所はどこでも構いませんが、婚約を披露する招待客の人数や顔ぶれで決めます。

格式を重んじる家同士では、結納に代わるものなので、ある程度格式のある会場で華やかに行ないますが、ホテルのバンケットルームで披露宴顔負けの婚約パーティを行なったり、大学の中庭で軽いティパーティを行なうカップルもいるようです。

どちらにしても、双方の両親とよく相談して決めるようにしましょう。

婚約披露パーティ

欧米ではとても一般的で、婚約式の後に友人たちを招いて、自宅や自宅の庭を用いて行なうことが多く、料理も手作りなどを持ち寄るなど、とてもアットホームな雰囲気で行なわれているようです。

日本では、婚約披露パーティというと、芸能人や有名人だけのことのように聞こえますが、そんなことはありません。
まだあまりなじみがありませんが、婚約披露パーティで婚約するカップルも増えてきているようです。

日本の場合、会場は喫茶店か公共施設の集会室などを利用すると良いでしょう。
開催する時間は、午後から夕方までが良く、飲み物とおつまみ程度の軽食にして、出席者に負担をかけないようにしましょう。

招待客の人選は、会場の広さなどで決めますが、披露宴や二次会などのスタッフとして頼みたい友人や、逆に披露宴には招待できなかった後輩や職場の仲間などを選ぶと良いのではないでしょうか。

また、披露宴に招待すると、祝儀などの面で負担をかけてしまいますが、婚約パーティなら気楽に出席してもらえるはずです。

招待状にも気楽なパーティであることを書いて、平服で来てもらえるように付記しておきましょう。

当人たちも平服で構いませんが、お招きする側になるので、それなりにきちんとした服装になるように、ダークスーツやワンピースなど、彼女と一緒に選んでみてはどうでしょうか。

ゲームなどの楽しいイベントも考えて見ましょう。

アットホームな雰囲気のパーティなので、ゲームなどの余興があっても構いませんので、事前に司会者と相談して決めておきましょう。

司会者は、友人に頼む場合が多く、あまり改まらない形式が好まれます。
ただし、パーティの最初と最後だけは、二人できちんとお礼の言葉を述べて、参列者に感謝の気持ちを表し、けじめをつけましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:38