トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

婚約のいろいろ

婚約式

本来の婚約式は、キリスト教の誓約の儀式になります。

結婚を意識した二人が教会で聖職者の立会いのもと、神と会衆に結婚を誓うという、欧米で最も一般的な儀式になります。

キリスト教の宗派によって若干の内容が違うようですが、キリスト教信者だけが行なえるものなので、日本ではあまり知らせていませんでした。

しかし、結納式をやめて婚約式の形式を行ないたいというカップルが多くなったため、信者以外でも婚約式を行なってもらえる会場が最近でてきたようです。

ただし、突然教会に頼んでも断られることが当然のようなので、挙式も含めてキリスト教式で行ないたい場合は事前に良く調べるようにしてください。

婚約式

正式な婚約式は教会で行ないます。

欧米では日本の結納にあたる儀式が婚約式になります。
キリスト教の信者が、教会で聖職者の立会いのもとに、神と参列者に永遠の愛を誓います。

日本でもキリスト教の信者同士が、教会で婚約式を挙げることはありますが、信者でない者は、基本的には教会で婚約式を挙げることが出来ません。

ただし、正式に信者でないカップルも婚約式が挙げられる所もあります。
結婚式場によっては、式場の礼拝堂やチャペルで婚約式を執り行い、その後に両家の食事会をセットしたプランを用意しているところもあるはずなので、確認してください。

婚約式は、オルガン演奏や聖歌隊の合唱もあり、厳粛な雰囲気の中、静かに婚約の誓いを立てて、婚約記念品の交換を行なうことになります。

彼氏から彼女へは、婚約指輪(エンゲージリング)を贈り、彼女からもリングや腕時計などの装飾品が送られます。

婚約式に出席するのは、双方の両親や兄弟姉妹、仲人夫婦など内輪の場合が多くなっており、結納式と似ていますが、結納金などの授受はないため、とてもシンプルになります。

キリスト教で婚約式を挙げるカップルは、挙式も同じ会場で行なうケースがほとんどのようです。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:38