トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

婚約のいろいろ

結納

正式には結納式といい、日本古来のもので、地域や家によって方法に違いがあります。

また、両家が始めて共同で行なう作業になるので、家族の意見や意思を統一させることが大切になります。

■結納の形式
往復型
(正式結納)
仲人が使者となって、両家の間を2往復して結い納品を納める伝統的な方法で、手間と時間のかかる昔ながらのしきたりに従った伝統重視型の結納になりますが、現在は正式結納を実施する人はほとんどいません。
片道型
(やや略式結納)
仲人が男性宅から女性宅に結い納品を届けて、受書を男性宅に届ける片道型の結納です。
集合型
(略式結納)
仲人夫婦と両家が女性宅やホテル・式場、料亭など1カ所に集まって行う結納のことで、最近の結納では最も一般的に行なわれている方法です。
※仲人を立てない場合もあります。
顔合わせ食事会 堅苦しい結納は嫌だけど、両家の顔合わせだけはきちんとしたいという方が行なっている方法です。
特に決まりごとがないので、レストランや料亭などで食事をしながら、婚約記念品の交換や、結納金だけを納めるなど、自由にできます。

最近は集合型の略式結納が多くなっています。

昔ながらの結納式は、仲人に両家を往復させることになりますので、仲人にそこまで頼めない場合が少なくないため、略式の結納が生まれてきました。

略式結納は、両家と仲人が一ヵ所に集まり結納を交わした後、食事をしながら、挙式や披露宴などの打ち合わせをしていくというもので、最近では最も一般的な方法になっています。

結納式をする場所も、食事の用意などの気遣いをさせないため、ホテルやレストランの個室、料亭などを使用することがほとんどになっています。

結納品もデパートなどでセット販売されていたり、結婚式場やホテルなどで結納パックを用意してある場合がありますので、利用すると大変便利です。

縁起のいい日に準礼装か略礼装で結納式を行ないます。

結納式は、一般的に挙式の6ヶ月前ぐらいには取り交わしますが、日取りは大安で末広がりの意味がある八のつく日が理想と言われています。

また、慶事なので、夕方や夜は避け、午前中から午後3時頃までに済ませるようにしましょう。
服装は両家で格を合わせることが大切になります。

最近は礼装ではなく、会場の雰囲気に合わせて準礼装や略礼装で臨む場合も多くなりましたので、前もって両家で相談して、服装をそろえるようにすれば問題はありません。

彼氏は、ダークスーツやブラックスーツにし、彼女は振り袖やアフタヌーンドレス、もしくは上品なフォーマルスーツなどにすると良いでしょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:37