トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

その他の必要事項

お見合いの場合は、世話人も報告しましょう

お見合いで知り合った人と結婚する意思を固めた場合は、まず世話人にその報告をするのがマナーになってきます。

出会いの場を作ってくれたキューピット役ですので、良い人にめぐり会えたことの感謝の気持ちを素直に伝えるようにします。

お見合いの世話人を仲人にする場合

お見合いの世話人をそのまま仲人、あるいは媒酌人としてお願いする場合は、報告に伺うときの手土産などは、お菓子などで構わないようです。

しかし、これから挙式や披露宴までお世話になるので、きちんと二人で挨拶に行くようにしましょう。

世話人とは別に仲人を立てる場合

お見合いの世話人ではなく、例えば会社の上司など、別の人を仲人に立てる場合は、世話人は二人の結婚が決まった時点で役目を終了することになるので、挨拶に伺います。

挨拶に伺う時には、手土産のお菓子の他に商品券などのお礼を持参するのがマナーとなっているようです。

挨拶する時には、仲人を別の人にした旨を説明して、快く承諾していただけるように礼をつくしましょう。

実際に会社の関係などで、このようなケースも少なくないようです。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:36