トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

婚約指輪・結婚指輪

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドを選ぶときは、ダイヤの4Cに気をつけるようにしましょう。

“4C”はダイヤモンドの品質を表す4つのポイントを総称した言葉のことです。
ダイヤのリングに添えられた保証書(鑑定書)に、この4Cが記載されます。これらの値はダイヤの美しさや価値を評価したり、価格を保証するものではありませんが、購入時の目安にはなるので、覚えておくようにして、婚約指輪や結婚指輪を選ぶときに、予算内で最高のものを選べるようにするための基礎知識として身に付けておくようにしましょう。

Cut(カット)

ダイヤの研磨(形状)のことを言います。もっとも一般的な「ラウンドブリリアントカット」の場合のみ、どれだけ正確に磨かれているかを表します。
カットのよいものほど光をよく取り込み、輝きが強くなります。
グレードの高いもの次のようになります。

“Excellent” → “Very Good” → “Good” → “Fair” → “Poor”

Carat(カラット)

ダイヤの大きさではなく、重さを表した単位のことを言います。
値が大きいものほど希少で高価になります。
1カラットは「1.00ct」と表示され、重さは0.2gになります。
1カラット=0.2g

Color(カラー)

ダイヤの色味のことを言います。無色のものほど良いものとされていて、無色のDカラーから、Zに近くなるほど黄色みや茶色みを帯びてきます。
※これとは別にイエローやピンクのダイヤはファンシーカラーと呼ばれ希少価値大
DEF GHIJ KLM N〜R S〜Z
無色 ほとんど無色 ごくわずかな
黄色
わずかな黄色 薄い黄色

Clarity(クラリティ)

ダイヤ表面の特徴(キズや欠け)や、内包物(インクルージョン)の程度を表したもの(ダイヤモンドの透明度)を言います。
10倍の顕微鏡によって鑑定されますが、肉眼でそれらが見えない、SI以上のものがおすすめになります。
FL10倍の拡大検査で無傷
IF10倍の拡大検査で表面に微小菜な欠点
VVS1
VVS2
10倍の拡大検査で目立たない程度の内包物
VS1
VS2
10倍の拡大検査で発見が多少困難な欠点
S1
S2
10倍の拡大検査で容易に見つけれれる欠点
I1
I2
I3
肉眼で安易に発見できる欠点


スポンサード リンク

戻る

2007年05月07日 15:50