トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

会場選び・予約

二人のイメージに合った会場選び

情報を集めて検討しましょう。

結婚式のスタイルをどうするか決まったら、いよいよ結婚式場や披露宴会場を選ぶ作業に入りますが、自分たちのイメージが固まってから結婚式場に行くようにしましょう。

自分たちのイメージが固まらないうちに、結婚を決めたからといって結婚式場に行くと、その場の雰囲気や窓口担当者の話術で、自分たちのイメージと違った形式の結婚式となってしまう危険性があります。

まずは、色々な会場のパンフレットを取り寄せてから、自分たちが行ないたいスタイルの結婚式の内容を比較していきます。

直接会場の見学をしましょう。

パンフレット等で会場を絞って、直接会場を見学しましょう。

写真で見たのと実際に見たときのイメージでは違って見えるものです。
会場を2〜3箇所に絞って下見に行くようにしましょう。

ほとんどの結婚式場やホテルでは、年に何回かブライダルフェアを開催しています。
ブライダルフェアは、挙式や披露宴を予約していない一般の人も見学でいますので、ウエディングドレスや、お色直し用のドレス、料理や装花、ウエディングケーキ、引き出物などの実物を見ることが出来きるため、とても参考になるはずです。

数ヶ所のブライダルフェアに参加してみると、それぞれの特徴が分かって比較できるようになると思いますので、ブライダル誌に掲載されている情報を見るか、直接電話をかけるなどして、ブライダルフェアの日程を聞いて見るといいでしょう。

もし、ブライダルフェアに参加できなくても、別の日に会場は見ることが出来るはずですので、結婚式場に問い合わせてみましょう。

広さなどは写真の方が広く見えるので、招待客の人数を考えながらバランスを見ていくといいと思います。

披露宴会場の他に、新郎新婦の控え室や親族の控え室も見せてもらい、広さやインテリアなども確かめておきます。

もし、誰かの披露宴の開催前に見ることが出来るようなら、会場の装花が飾ってあるはずなので、具体的なイメージも掴めやすいはずです。

特にバンケットルーム(披露宴会場)などの広い場所は、テーブルが配置してあるのとそうでないのでは、広さの印象が違ってくるはずです。

会場見学をすることにより、従業員の態度などの対応も見れますので、パンフレットでは分からなかったことが解消できるはずです。

オリジナルの結婚式を挙げたい場合

専門のプロデュース会社を利用する方法もあります。

結婚プロデュース会社は、数多くの結婚式を手がけてきたその道のプロ達なので、さまざまなニーズに答えてくれるはずです。

プロデュース会社に頼むと、会場選びから、さまざまな準備の手配や、当日の進行までを、二人の希望に合った形でアドバイスしてくれます。

プロデュース会社は、トータルにプロデュースするほか、会場選びやプロにスタッフの依頼など、部分的にお願いすることも出来るようになっています。

ただし、料金は会社によって異なり、挙式や披露宴にかかった費用の何パーセントという形や、提携している会場を使えば実費のみで済んだりと様々なようですので、まずは料金体系を聞いたうえで、プロデュース料や予約金、キャンセル料など、金銭的な部分を確認してから頼むようにしましょう。

料金を確認したうえで、自分たちのイメージを伝えて、どんなプロデュースが出来るのか聞くようにし、出来るようなら数社のプロデュース会社を回って出されたプランを検討できると、より二人のニーズに合った結婚式となるはずです。

挙式と披露宴を別の会場で行ないたい場合

挙式と披露宴会場を別の場所にする場合は、まず挙式の会場を決めるようにしましょう。

挙式の場所が決まったら、そこからあまり遠くない場所で披露宴会場を探すようにします。

挙式と披露宴会場を別にした場合は、彼女と二人だけが移動するだけでなく、参列者も移動することになるので、交通手段や移動時間を考えたうえで、会場探しをしていくことになります。

衣装の着付けやヘア&メイクは、披露宴会場で受け付けてくれる場合もありますので、披露宴会場に確認するとともに、彼女は二つの会場を往復することになるので、なるべく近い会場にした方がいいでしょう。

披露宴会場は、ホテルだけではなく、レストランやゲストハウス、公共施設でも構わないわけですから、挙式会場から近い場所をチェックするようにしましょう。

挙式を教会や神社、仏閣で挙げるということは、自分たちなりに考えがあってのことでしょうから、披露宴もイメージどおりとなるように会場探しをしていくことをお勧めします。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:12