トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

式までに綺麗になる方法

ネイルサロン

ネイルサロンで指先も美しくなりましょう。

出来れば挙式前日だけでなく、ひじから指先までを定期的にケアしてもらうと美しさが際立ちます。

最近のネイルサロンは、花嫁になる人にお勧めのスポットのひとつになっているようです。

挙式で指輪交換をするときに、荒れた指に興ざめしてしまう他に、指輪をはめている姿を写真に収めたり、挙式参列者や二次会の参加者に見てもらう機会がある場合が多いので、指先までしっかりとケアをしてもらいましょう。

衣装の写真を持って行けば、当日の衣装を考えてネイルデザインをしてもらえるはずですので、結婚することを伝えて施術してもらうようにします。

挙式用のネイルは前日に行なうのが理想的

挙式前日は、会場との最終打ち合わせを行なう場合もありますので、時間などの余裕を見て早めに予約をしておきます。

時間がなくて、最後の仕上げが出来なかったでは悔いが残ってしまうはずです。

最後のネイルサロンの仕上げは、ゆったりとした気分でネイルスタッフに手をゆだねます。

ネイルシャイニングで詰めの長さを整えて表面を磨いたら、手の老廃物を取り除くピーリングやマッサージ、パックなどで手全体を美しく整えてもらいます。

袖の短いドレスを着る場合は、ひじの手入れも忘れずに行なってもらうようにしましょう。

基本的なケアが終わったら、爪を仕上げます。

甘皮を整えるキューティクルケアを施してからネイルカラーを塗りますが、色は淡いピンク系が一般的のようです。

ネイルアートは、あまり派手にならないようにしたり、サムシングブルーにちなんで小さなブルーの小花をあしらったりするなど、花嫁ならではのデザインにすると素敵なります。

ネイルの手入れが終わったら、洗い物などの水仕事はなるべく控えて当日を迎えるようにします。

荷物を持つときも注意して爪を守るようにしなくてはなりませんので、挙式までは彼氏が気遣ってあげるようにすると彼女に喜ばれるのではないでしょうか。

新郎の指はどうすればいいのか

花嫁だけがネイルサロンで指を綺麗にしても、一緒に写った写真で新郎の指が汚いとせっかく綺麗にした彼女に申し訳がありません。

新郎は、ネイルサロンに通うことはほとんどないと思いますので、せめて爪を綺麗に切っておくようにします。

また、マネキュアを塗る必要はありませんが、彼女にトップコートだけでも塗ってもらうと、多少は爪に輝きが増しますので、綺麗に見えるようになります。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:27