トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

衣装とブーケ、ヘアメイク

ドレスショップで購入・レンタルする場合

自分だけのドレスを着たい場合は、ドレスショップで購入する方法もあります。

オーダーする場合は、3ヶ月前にはデザインを決めて発注し、余裕を持つようにしましょう。

ウエディングドレスショップは、完全なオートクチュールから、プレタポルテ(端的には"既製服"を意味する。もともとはオートクチュールのデザイナー による既製服を大衆的な既製服と区別するための呼び名で、"高級既製服"と訳されること もある。)や海外の輸入品まで、品揃えはショップによって違ってきます。

自分らしい本当に似合う一枚を見つけるためには、時間をかけてじっくり選ぶしかありません。

衣装に合わせたヘッドドレスや小物なども多く用意してあるはずなので、トータル的に選ぶことが出来ます。

ただし、下見の場合でも予約が必要な店もあるので、事前に電話で確認をするなどしてから、ドレスショップに行くようにしましょう。

ドレスショップでのレンタル

多くのドレスショップでは、販売の他にレンタルも受け付けてくれます。

気に入った一枚が見つかっても、価格的に予算をオーバーしてしまっているなら、レンタルする方法もあります。

ドレスショップによっては、オーダーレンタルといって、その人にぴったりのドレスを制作し、そのドレスをレンタルしてくれる所もあるようです。

また、レンタル専門のドレスショップも、次々に新作ドレスを入れているので、高いお金を出して購入しても、もう一度着ることがないことや、保管するのも難しいので、購入する予算をワンランク上のレンタルドレスに当てるなどする花嫁も多くいます。

なお、ドレスショップで購入やレンタルした場合には、会場で持ち込み料がかかる場合がありますので、確認しておきましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:21