トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

衣装とブーケ、ヘアメイク

会場の貸し衣装を利用する場合

結婚式場やホテルには専門の貸し衣装部門や、契約している貸し衣装会社があり、レンタル衣装も含んだセットプランなどが用意されているなど、多くの方が利用しています。

会場の貸し衣装も毎年新作の衣装を制作していたりするので、場合によっては新品を借りられる場合もあります。

会場の申し込みをしたら、その会場の衣装を見学したり、ブライダルフェアに参加して新作を見るなど、彼女にぴったりの衣装を探していきます。

また、貸し衣装のレンタル料は、選ぶ衣装によって料金に大きな幅がありますので、予算を決めてその範囲内で選んでいくことも大切になります。

ただし、一生に一度のことなので、彼女に悔いが残らないように何着でも試着させてもらいましょう。

洋装の場合は、サイズ直しもしてくれるので、気になるところは担当のスタッフに伝えたり、後日ブーケやヘアメイクなどの打ち合わせをすることになるので、写真を撮っておくと役に立ちます。

衣装合わせの時の写真撮影は、彼氏の仕事です。

なお、和装の場合、白無垢と色打ち掛けがありますが、特に白無垢の場合はデザインよりも生地の品質によって値段が変わります。

地紋や織りの細かいものは、見た目にも豪華で品格がでますので、予算が許せばいいものを着せてあげたいところです。

色打ち掛けについては、多くの場合白無垢のお色直しとして着ることが多いですが、これも色や文様がさまざまになるので、必ず羽織るようにして、顔写りを確認しておきましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:20