トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

衣装とブーケ、ヘアメイク

衣装の下見から決定まで

会場の貸し衣装を利用したり、ドレスショップで購入するなど、選び方は色々です。

まずは予算を決めて、彼女にどんな衣装を着たいかを聞いて見ましょう。

衣装の下見と検討をするときには、披露宴でのお色直しのことも考えたうえで、婚礼衣装を決めていきます。

和装から洋装、和装から和装、洋装から洋装とお色直しをどうするかえを決めてから、メインの衣装を決めます。

お色直しの衣装は、メインの衣装を決めてから決めていきますが、白のウエディングドレスと色ドレスを見比べてしまうと、どうしても色ドレスの方が鮮やかなので印象に強く残ってしまいます。

出来たら、白のウエディングドレスを決めてから色ドレスを決めていく方がスムーズに衣装を決めていけます。

また、和装の場合はかつらを付けるので、洋装から和装へのお色直しは時間的に難しかったのですが、最近はかつらを付けないで振り袖を着ることで、洋装から和装へお色直しをするケースも増えてきました。

婚礼衣装とお色直しのパターン例


  和装主体 洋装主体 和洋折衷型
挙式 白無垢
綿帽子(角かくし)
ウエディングドレス 白無垢
綿帽子(角かくし)
迎賓 白無垢
綿帽子(角かくし)
ウエディングドレス 白無垢
綿帽子(角かくし)
披露宴入場 白無垢
綿帽子(角かくし)
ウエディングドレス 色打ち掛け
お色直し 色打ち掛け
※2回目は華やかな色ドレスの場合が多い
華やかな色ドレス 華やかな色ドレス
※2回行なう場合は、1回目にウエディングドレスの場合もある

新郎の衣装のバランスも考えて選びましょう

婚礼衣装は、花嫁衣装を中心に決めていきますが、二人が並んだときに不釣合いにならないように、新郎の衣装も考えて選ぶようにします。

基本的には、花嫁衣装がウエディングダレスの場合は、モーニングかタキシードになり、和装の場合は紋付き袴と決まっているのですが、モーニングやタキシードには、色や細かいデザインが微妙に違うものや、組み合わせる小物でも変化を楽しむことが出来ます。

新郎の衣装もオシャレになっていますので、二人のイメージに合った個性的な組み合わせが出来るように、二人でよく相談してみると良いでしょう。

彼女の母親や親友と下見に行き、客観的な意見をもらいましょう

気に入ったデザインの衣装でも、自分に似合うかどうかは、自分ではなかなか分からないものです。

そんな時に彼氏の率直な意見が言ってあげることも大切ですが、彼女の母親や姉妹、親友などに一緒に下見をしてもらえると、客観的に意見を言ってもらえるはずです。

また、一緒に下見に行けなくても、色々な角度から写真を撮っておけば、その写真を元に後から意見を聞くなど、検討していくうえで大変役に立ちます。

衣装の決定

衣装を試着したら写真を撮っておくと、衣装の決定に役立ちます。

いろいろな衣装を試着して、彼女のイメージを固めていく期間は、花嫁にとって一番楽しい時期になるのではないでしょうか。

彼女が雰囲気に流されないで、慎重に検討を重ねていくためにも、彼氏は試着のたびに写真を撮っておき、検討をするための材料としましょう。

撮った写真は、ブーケやヘアメイクを決めていくときにも役立ちますし、会場装花やケーキデザインの打ち合わせの時にも役立ちます。

試着の写真を撮るときは、正面だけではなく必ずバックスタイルの写真も撮るようにします。

ドレスショップを利用する場合は、写真撮影を禁止しているお店もあるので、事前に確認しましょう。

ひと通りの試着をして検討が終わったら、いよいよ衣装の決定をします。

彼女の意向を最大限に尊重してあげるのが大切ですが、彼氏や第三者の意見も聞いてもらい、彼女にぴったりの衣装を選んであげましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:19