トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

披露宴の詳細打合わせ

引き出物

二人の気持ちを大切にして、自分たちらしい品物を選びましょう。

引き出物の選び方

二人らしさが出ている引き出物は、招待客の心に後々まで好印象を残すことになるので、二人のイメージにぴったりの品物があれば、それを選ぶようにしましょう。

昔の引き出物は、招待客の家族のために持ち帰ってから食べてもらうごちそうなども引き出物になっていました。

そのため、お赤飯や鯛の尾頭付きや山海の珍味の口取りなどを重箱に詰めて清酒と一緒に配っていた時代もありますが、現在では記念の品物だけにして、あとは引き菓子をそえる程度のなってきました。

記念の品物も鍋ややかん、ポットなどの重量感のある台所用品から、おしゃれな食器類が多くなってきています。

重くてかさのある引き出物は、遠方からの参列者の荷物になるので、それらを考慮して引き出物を選ぶようにしましょう。

どんな品物を選べばいいのか。

二人のイメージにぴったりの品物があれば、それを選ぶようにするといいのは、始めに述べましたが、それ以外では招待客の顔ぶれを見ながら選んでいくといいでしょう。

例えば、年配者が多い場合は、あまり重くてかさのあるものは避けて、室の高い小さめの品物にした方が良いはずですし、若い仲間が多い場合は、生活必需品よりもステーショナリーやフォトフレームなど、デザインの優れたものを選んでみるのも良いはずです。

また、選んだ品物が招待客の家庭に重複していても構わないものを選ぶようにするのもひとつのポイントになります。

同じティーカップとソーサーでもデザインやブランドが違えば重複しても相手は喜んでくれるはずです。

逆にどこにでもあるような取り皿セットのようなものは、そのまま箱にしまわれてしまう危険があるので、デザインや品質を吟味して選ぶようにしていきましょう。

最近では、個数を少なくしても高価なブランド品や、多様に使うことができるシンプルな和食器などが人気があるようです。

時代とともに変わる引き出物

カタログ式の引き出物など、新しいスタイルの引き出物がいろいろあります。

ひと昔前の引き出物といえば、食器セットや花瓶などが定番となっていましたが、最近では豊富なジャンルから選ばれるようになりました。

なかでもカタログ式の引き出物は、いろいろな品物の中から好みのものを選んでいただけることや、持ち帰るのが楽なため、最近増えている形式でもあります。

カタログ式の引き出物は、招待客には予算内の品物を掲載したカタログを配り、後日招待者自身がカタログの中から選んで注文する方式になりますので、結婚式当日に大きな紙袋を用意する必要がありませんし、なによりもその人が欲しい品物を差し上げることになるので、とても喜ばれます。

ただし、当日持ち帰るのが、引き菓子だけになってしまうと、ちょっと寂しいと思う招待客や合理的すぎてひんしゅくを買う場合もあると思いますので、招待客の顔ぶれも考えながら、両親と相談して決めるようにするといいでしょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:19