トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

披露宴の詳細打合わせ

披露宴のスタッフ

披露宴のスタッフは、会場側で担当してもらう新郎新婦の付き添いや、披露宴の進行を支持してくれるフロアマネージャーとは別に、二人が人選した挙式や披露宴に欠かせない方たちのことをいいます。

披露宴のスタッフの中には、会場側にお願いをしてプロの方に頼む場合もありますが、基本的にはそれぞれの役割を考えて二人で適任者を決めてお願いします。

司会者については、前項の「司会やスピーチ等の依頼をしましょう。」で述べたとおり早めにお願いしますが、その他のスタッフについても1ヶ月前には決めて、それぞれにお願いするようにしましょう。

披露宴のスタッフ例


  内容 頼むときの注意点
司会者 披露宴の雰囲気を大きく左右する大切な役目になります。
明るくて機転がきき、親しみやすい人に頼むか、専門のプロが大勢いるので、会場側にお願いしましょう。
友人に頼む場合は、本人の快い了解が必要です。
プロに頼むときは、新郎新婦のプロフィールなどを渡して、事前に綿密な打ち合わせをするようにします。
受付 両家から出来るだけ二人ずつお願いします。
披露宴開始前に招待客に芳名帳に記帳してもらい、お祝いなどを受け取るのが仕事になります。
受付スタッフには、余裕を持って披露宴開始1時間半前には会場入りしてもらうことになります。
あらかじめ招待客のリストを渡しておき、説明しておくと良いでしょう。
会計係 受付でいただいたお祝いの管理をしたり、場合によっては会場の精算も行ないます。 両家の親族の中から選びます。
記録係 ビデオや写真を撮る人になります。
二人の記念になるものなので、失敗は許されないため、会場側にプロを紹介してもらう場合が多くなります。
友人たちにはスナップ写真を頼んでおくといいでしょう。
挙式中の撮影は禁止されている会場もあるので、事前に確認しておきましょう。
あらかじめどんな場面を撮っておいて欲しいかを伝えておくと安心です。
二次会運営 友人に幹事をしてもらい、出欠のとりまとめや、会の運営までを任せられる人に頼むといいでしょう。
新郎新婦両方の友人から、複数の幹事をお願いする場合が多いようです。
二次会の会場や内容、開始時間などは、披露宴の終了時間から逆算して決めていきます。
最終的な打ち合わせには、新郎新婦も加わって決めましょう。

披露宴のスタッフに対する謝礼も忘れないようにします。

披露宴のスタッフとしてお願いをした場合は、謝礼をします。

一般的におめでたいことなので、当日お世話になる会場側のスタッフや車の運転手さんなどにも心付けを渡します。

また、料金を払ってお願いするプロの司会者やカメラマンに対してもお礼を包みます。

お礼の袋は、寿と書かれた祝儀袋や、無地ののし袋にお礼と書いたものを使用します。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:18