トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

披露宴の詳細打合わせ

タイムスケジュールのチェック

会場が決まったら、全体のスケジュールから進行表を使った細かいチェックまでを行なうようにしましょう。

進行表などで全体の流れをチェックしましょう。

会場側で渡された進行表をもとに打ち合わせをしましょう。

会場の予約をした時に、おおまかなプランの打ち合わせをしていれば、会場側でだいたいの進行表やセレモニーの内容を作成してくれます。

結婚式までのスケジュールは、予約した時に渡されていると思いますので、事前に連絡しておきたいことがなければ、こちらから問い合わせをすることはありません。

結婚式の3ヶ月前になれば、招待状の印刷や会場側と本格的な打ち合わせを行なっていくことになりますので、招待状の検討や各演出の検討など、細かい点について出来るだけ二人で決めておくようにしましょう。

打ち合わせでチェックするポイント

会場側との打ち合わせは、次の2点を分けてチェックするようにしましょう。

まず、挙式と披露宴の全体の流れをチェックします。

挙式終了から写真撮影、披露宴までの時間的な余裕、披露宴では式の盛り上がりをどのへんにおいているか、料理の流れも併せてチェックします。

全体のチェックをしたうえで、次に細かい内容をチェックしていきますが、挙式から順番に流れに従って確認していくようにしましょう。

例えば、親族紹介はどこで行なって、一人ひとり紹介するのか、両親が代表して行なうのか、挙式と披露宴の間隔があいている場合の控え室での茶菓などはどうするのかなど、自分たちが進行表にしたがって行動した時の気持ちになって考えていくといいでしょう。

二人の行動を中心に予定時間を確認する

披露宴の演出が決まったら、タイムスケジュールを作成していきます。

挙式・披露宴の進行表は、会場側で作成してくれることがほとんどですが、今までに行なった打ち合わせを基にして、二人の一日の流れを時間をまとめるようにしましょう。

タイムスケジュールは、自宅を出るところから始めるようにして、会場に到着する時間や衣装の着付け、挙式の準備から挙式開始というように、自分なりの項目を作成して行きましょう。

タイムスケジュールの項目と時間の他に、持ち物やその時に何をしなければいけないかのメモが出来るようになっていると、後で見た時にとても便利になります。

挙式から披露宴、さらには二次会までを通したタイムスケジュールを作成しておくと、完璧なのではないでしょうか。

タイムスケジュールの書式は、自分で分かりやすいように作成すれば構わないので、自由に作成するようにしましょう。

ただし、打ち合わせの時には持ち歩くようにしたいので、あまり大きな紙に書くよりもノートやA4サイズの用紙に書くようにした方が持ち運びに便利になります。

進行表を使って細かいチェックをしましょう

会場側で作成してもらった進行表をもとにして、詳細内容を決めていきましょう。

会場側で作成してくれる進行表は、それぞれの時間配分に余裕を持たせて作成しているはずですが、特にお色直しの時間と、その間の余興の時間を照らし合わせて、招待客に退屈させない配慮をするように注意しましょう。

祝電を披露する場合は、届いた祝電をいつチェックするのかも確認しておきましょう。

届いた祝電を全て読み上げるわけには行かないので、全文を読んでもらうものと、名前だけを発表するものに分けるようにします。

実際に読み上げる祝電は、新郎側と新婦側で同数になるようにそれぞれ2〜3通を選び、選ぶ時間も10分程度はスケジュールに組み込むようにしましょう。

祝電は、披露宴の途中で届く場合もあるので、披露宴の終盤で読み上げる場合が多いようですが、前半に祝電披露を行なった場合は、読むことの出来なかったものを、招待客に見てもらえるように掲示しておくなどといったサプライズをしてもいいのかもしれません。

二次会を予定している場合

会場側の進行表は披露宴の終了までなので、その後に二次会を予定している場合は、披露宴終了後のスケジュールも確認しておきましょう。

招待客のお見送りをしても、しばらくの間は、ロビーで写真撮影を行なったり、新郎新婦と話をしたりする場合がほとんどです。

それから衣装を着替えて、片づけをすることになるので、控え室はいつまで使用できるのかや、会場の装花の片付けはどうするのかなどの、終了後のことも確認しておきます。

披露宴会場から二次会会場までが離れている場合は、交通手段の手配などもあるので、時間には余裕を持ってスケジュールを立てるようにしましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:16