トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

招待客・招待状

招待状の書式・マナー

招待客のリストが決まったら、招待状の発送準備に入りますが、始めにどのような書式で招待状を作るかを決めます。

招待状の書式は、両家の親の名前で出す場合と、本人たちの名前で出す場合で書式が違ってきます。

どちらにするかは、両親の意向にもよりますが、通常は両親の名前で出す場合が多くなります。

ただし最近では、書式をきちんと整えれば、本人たちの名前で出しても問題がないので、本人たちの名前で招待状を作成するケースも増えてきています。

結婚式場やホテルなどで一般的な挙式や披露宴を行なう場合は、会場側に招待状の印刷を依頼すると簡単で間違いがなくなりますが、レストランなどで行なう場合は、自分たちで招待状を手配することになります。

最近は、招待状の印刷物を扱う業者も増えており、デザインも色々あるようです。

ブライダル雑誌などで気に入ったものがあれば業者に頼んでもいいでしょうし、自分で招待状を作成するための専用用紙なども多く販売されています。

招待状の書式については、招待客に年配者が多い場合は、くだけすぎないように配慮することも大切ですし、書式は従来どおりにしても、カードや封筒を工夫するだけで雰囲気は違ってきます。

手作りの得意な方は、招待状作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

招待状作成でのマナー

招待客が決まり招待状の印刷を作成することとなったら、折を見て来賓や親戚には前もって式の日取りを知らせておくことが礼儀になります。

式の日取りは早めにお知らせして、スケジュール上の無理をさせないようにします。

連絡は電話で構いませんが、追って招待状をお届けすることを申し添えて、スピーチなどをお願いする方にはそのことも内諾をいただいておきます。

慶事は早い方が良いと言われているので、たとえ3ヶ月先のことでも、早めに連絡しておくようにしましょう。

招待状の発送は2ヶ月前までには行ないます。

招待状は、挙式の2ヶ月前、遅くても1ヶ月半前には発送して、出欠はがきの返信期限を、結婚式の20日〜1ヶ月以上前の大安吉日に指定します。

宛名書きは毛筆が一般的ですが、書式によってはペン書きでもかまいません。

会場側で印刷を依頼した場合は筆耕といって、毛筆の宛名書きを依頼出来ますが、招待客リストの名前や住所に間違いがないかよくチェックしたうえでお願いするようにしましょう。

媒酌人や来賓には、招待状を直接渡します。

招待状が出来たら、まず媒酌人にお届けするのが礼儀になりますので、二人そろって挨拶に伺うようにしましょう。

媒酌人には、挙式・披露宴までいろいろお世話になるわけですから、くれぐれも失礼のないようにし、お菓子などの手みやげを持参しましょう。

スピーチをお願いする来賓には、招待状にその旨を添え書きしておきますが、できれば来賓にも直接手渡ししてお願いできるといいでしょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:14