トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

会場選び・予約

会場の予約

挙式の6ヶ月前には会場の予約ができるようにしましょう。

挙式までには色々な作業があるので、二人にあったスタイルの結婚式・披露宴の会場が見つかったら、早めに予約するようにします。

始めは、仮予約という形を取るので、招待客の予定人数や披露宴の規模(予算)などを伝えて会場を予約しておきます。

二人の気に入った会場が見つかっても、希望通りの日取りが取れない場合もあります。

その会場で、どうしても結婚式を挙げたいときは、別の日取りを選びますが、両家や媒酌人のスケジュールを確認するようにしましょう。

また、日程の調整が付かない場合は、別の会場にしなければならなくなりますので、できるだけ予約だけは取り付けておくようにする必要があります。

季節によって料金が違う場合があります。

結婚式が最も多いシーズンは、春と秋と言われており、昔から3〜5月と10、11月はオンシーズンと言って結婚式が多い月になっています。
また、最近では、ミドルシーズンと呼ばれる12月〜2月と6月、9月も予約が取りにくくなっています。

特に6月はジューンブライドと呼ばれ、彼女が憧れをもっていることもあり、結婚式を希望する人が増えています。

なお、季節に限らず、大安吉日は一番予約が殺到し、仏滅は極端に少なくなっています。
日取りや縁起こだわりすぎると、予約を取れるときがなくなってしまいますので、仏滅だけは避けるようにしてスケジュールを立てていきます。

会場によっては、予約の少ないオフシーズン等に料金の割引を行なっていたり、特典を付けていたりする会場もありますので、予算的にも特になりますので計画の中で検討課題に加えてみるといいでしょう。

日取りを決めるときの注意

  1. 両親と媒酌人の都合を事前に確認しておく。
  2. 希望日が混み合っていることを考えて、予備日も決めておく。
  3. 平日は避けるようにします。 ※社内結婚の場合で、平日が会社の定休日になる場合は、結婚式を行なう場合もあります。
  4. 会社や招待客が忙しいと思われる時期は避けるようにする。
  5. 彼女の生理日を避ける。 結婚式当日は、精神的にも肉体的にも非常にハードになります。慣れない衣装の着付けで締め付けられて、気分が悪くなったりする場合もあります。彼女の体調を考えてあげましょう。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:13