トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

結婚式のスタイル

神前式

日本の伝統的な結婚式のスタイルになります。

挙式の場所 神社、結婚式場、ホテル
花嫁の衣裳 白無垢・綿帽子(角かくし)
新郎の衣装 紋付き・袴
特徴と留意点 神社で挙げる場合や併設施設がない場合は、披露宴会場へのアクセス方法も考慮する必要があります。
結婚式場やホテルでは、挙式と披露宴がセットになったブライダルプランが用意されています。

神前式は、神社の神殿やホテル、結婚式場に併設されている神殿で行なわれますが、式次第は会場によって多少の違いがあるようです。

神前式が日本の伝統的な結婚式だということで、昔から行なわれているように思うかも知れませんが、その歴史は意外と浅く、明治33年に当時皇太子だった大正天皇がご成婚を記念して東京大神宮で行なわれたのが始まりだと言われています。

神社で行なう儀式なので荘厳な雰囲気があり、夫婦の和合を神に誓って神のご加護を願う形式が、当時の日本人にぴったりと合ったため、たちまち広がっていったと言われています。

そのため、現在でも親の意向が強かったり、白無垢を着たいという彼女の希望などで、多くのカップルが神前式を選ぶ傾向があるようです。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:10