トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

結婚式のスタイル

結婚式のスタイルを比較する

どんな結婚式にしたいか二人で話し合いましょう。

どちらかの家が特定の宗教に熱心な信者である場合は、当然その宗教にのっとった形での挙式を望むはずですが、そうでない場合は、まずはいろいろな結婚式のスタイルを検討することから始めるといいでしょう。

ブライダル専門の雑誌には多くのカップルの挙式例が掲載されているので、その中から自分たちに合ったスタイルの結婚式を見つけるといいでしょうし、このサイトを参考にしていただいても構いません。

ブライダル専門誌を購入する場合は、彼氏が一人で購入するのは恥ずかしいかも知れませんので、彼女に頼むか、インターネット上から購入して自宅郵送してもらう方法を取りましょう。

ゼクシィ ゼクシィ
パーティ
ウエディング
ゼクシィ
海外ウエディング
完全ガイド
ゼクシィ
リゾートウエディング
自分らしい結婚のための式場やプラン、ドレスや指輪などあらゆるウエディング情報を提供 自分らしくアットホームなウエデイングを実現したい方向けに、パーティスタイルの挙式・披露宴情報を掲載 海外挙式の準備・手配などのノウハウや、挙式会場・パーティ会場の情報を掲載 「美しい自然の中で心あたたまるウエディングを実現したい」という方向けに、国内リゾート地のチャペルや会場情報を掲載

自分たちに合ったスタイルを見つけましょう。

結婚式を大勢の友だちに祝福されたいとか、ごく内輪でアットホームな式にしたいとか、衣装はウエディングドレスがいいけど、挙式の時は白無垢にしたいというふうに、自分たちのイメージを少しずつ具体的にしていくと、自然と挙式のスタイルも決まってきて、会場選びもある程度絞られてきます。

彼女の方が、結婚式に対する知識も多く、描いているイメージも多いはずなので、彼女の意見を尊重してあげつつ、彼氏でやってみたことも考慮してもらえるようにひとつひとつ彼女と確認しながら話を進めていきましょう。
専門誌などで色々なスタイルの結婚式を比較することをお知らせしましたが、同じスタイルの結婚式でも、写真などの雰囲気でもずいぶん印象が違ってきてしまいます。

選ぶときのポイントを以下の4点あげますので、お互いに無理のない範囲で計画を立てていきましょう。
  1. どんな形式の挙式にしたいか。
  2. どんな衣装を着たいか。
  3. 招待客の顔ぶれにあっているか。
  4. 予算に無理がないかどうか。


スポンサード リンク

戻る

2007年05月10日 01:10