トップページ プロポーズ大作戦 婚約・結納 挙式・披露宴準備 Weddingグッズ BGM・Music 新婚旅行(ハネムーン)準備 新生活準備

結婚式のスタイル

結婚式のスタイルを比較する

どんな結婚式にしたいか二人で話し合いましょう。

どちらかの家が特定の宗教に熱心な信者である場合は、当然その宗教にのっとった形での挙式を望むはずですが、そうでない場合は、まずはいろいろな結婚式のスタイルを検討することから始めるといいでしょう。

神前式

日本の伝統的な結婚式のスタイルになります。

挙式の場所 神社、結婚式場、ホテル
花嫁の衣裳 白無垢・綿帽子(角かくし)
新郎の衣装 紋付き・袴
特徴と留意点 神社で挙げる場合や併設施設がない場合は、披露宴会場へのアクセス方法も考慮する必要があります。
結婚式場やホテルでは、挙式と披露宴がセットになったブライダルプランが用意されています。

キリスト教式

ホテルや結婚式場のチャペルで行なえるため、最近増えているスタイルです。

挙式の場所 教会、結婚式場、ホテル
花嫁の衣裳 ウエディングドレス
新郎の衣装 タキシード
特徴と留意点 教会の場合は、宗派によって信者しか挙式できない教会があるので、よく調べるようにしましょう。
信仰していないカップルが挙式する場合は、事前に結婚準備講座を受けたりすることがあります。
教会で行なう場合は、参列者の交通の便や披露宴会場へのアクセス方法も考慮するようにしましょう。
ホテルや結婚式場の場合は、ほとんどの場合が挙式と披露宴がセットになっています。

仏前式

前世からの深い縁によって二人が結ばれたと考える仏教思想に基づいた、日本人の最も自然な心情から生まれたスタイルです。

挙式の場所 寺院、結婚式場、ホテル
花嫁の衣裳 白無垢・綿帽子(角かくし)
新郎の衣装 紋付き・袴
特徴と留意点 仏教を信仰している人が多く選ぶスタイルで、基本的に実家と縁の深いお寺で挙げます。
仏前式で挙式ができる結婚式場やホテルは数少ないので、事前に良く調べることが大切になります。

人前式

宗教や形式にとらわれない個性的な結婚式が挙げられるスタイルです。

挙式の場所 結婚式場、ホテル、レストラン、レンタルハウス、公共施設、その他
花嫁の衣裳 自由(ウエディングドレスが多いようです)
新郎の衣装 自由(花嫁の衣装に合わせます)
特徴と留意点 形式にこだわらない挙式なので、式次第は二人の個性が生かされた形にする場合が多くなります。
会費制にすることもでき、ケーキや装花もオリジナルの演出が可能になります。
基本的に自分たちで演出するので、友人などの協力を仰ぐ場合が多く、事前お細かい打ち合わせも必要になります。印刷物や引き出物なども、すべて自分たちで手配しなければならない場合もあります。

海外ウエディング

新婚旅行を兼ねた形式から始まったスタイルです。

挙式の場所 海外の教会
花嫁の衣裳 ウエディングドレス
新郎の衣装 タキシード
特徴と留意点 事前おチェックが大切で、旅行代理店などとの打ち合わせも綿密に行なう必要があります。
当然列席者は限られてしまいます。
教会によっては入籍していることが条件になり、パスポート上で夫婦になっていなければならない場合があるので注意するようにしましょう。

リゾートウエディング

お気に入りのリゾート地のホテルやレストランで挙げるスタイルです。

挙式の場所 リゾートホテル
花嫁の衣裳 自由
新郎の衣装 自由
特徴と留意点 交通費がかかるので、親族など限られた招待客にせざるをえない場合があります。
新婚旅行を兼ねた形にする場合も多くなります。

その他の結婚式

船上結婚式

港の桟橋に集合して乗船し、湾内をクルージングしながら挙式、パーティを行います。

挙式の場所 教会、結婚式場、ホテル
花嫁の衣裳 ウエディングドレス
新郎の衣装 タキシード
特徴と留意点 クルージングを兼ねた船上結婚式も人気があります。
形式にあまりこだわらず、友人、知人の多いカップル向けのスタイルです。

自宅結婚式

新郎の自宅で執り行う、結婚式です。

挙式の場所 新郎の自宅
花嫁の衣裳 白無垢など和装
新郎の衣装 紋付き・袴
特徴と留意点 地方の旧家などに多いスタイル。
場合によっては都市部のホテルなどで披露宴を行い、実家では親族だけでもう一度お披露目の意味で挙式する場合もあります。


スポンサード リンク

戻る